幹細胞は生きた細胞として体内に取り入れないと意味がないのです

昨今はKINTARO細胞投与 https://kintaromsc.com/ の効果もあって、かなり若返っていると自任している私ではありますが、
こちらの記事にあるように広告表現には留意しないといけません。

*「若返る」とはうたえない日本の広告表現を考える  ITのプロ「WWDビューティ」最新号につぶやく WWD
https://www.wwdjapan.com/articles/952029

ただし…この記事を読むにつけ、記事内容云々よりも、
どちらかというと幹細胞なのか、幹細胞の培養液なのかは重要だと思いました。

文意は伝わりました。ですが要するに、この美容液は『培養液』を配合してるようなので、
錯誤を招きかねないように思います。
つまり、こちら正しくは【皮膚幹細胞”培養液”を高配合した美容液】とタイトルにも表現すべきですね。

最近は、この種の幹細胞?乳液、コールドクリームが数多く売り出されていますが、
これらは全て、今回取り上げている美容液に限らず、幹細胞を増殖培養するための培養液、
或いは培養後に幹細胞を採取した後に培養液に残った上清液(上澄み液)を使用したものです。

そもそも幹細胞は全て細胞、、すなわち生きています。
その幹細胞を美容液などに混ぜてしまったら、すぐに死んでしまいますからね。

ToGEARがクアラルンプールにて投与をご案内している、
他家(20代の健康なロシア人ドナーから採取した)骨髄由来の間葉系幹細胞=KINTARO細胞は
再活性化が行われ、ロシアを空輸にてマレーシアへ向かってから、
48時間以内に点滴を通じて、体内に入ります。

 

幹細胞は生きたままにクアラルンプールにやってきますが、
限られた生きている48時間の間に体内に合流しなくては、
そもそも間葉系幹細胞として作用しないのです。